FANDOM


PTU (Public Test Universe) とは、ライブバージョンのリリース前に、実装内容のテスト目的で実施されるテストバージョン。

※PTUに関して、公式サイトではWave1からWave5まで存在する事になっているが、今年に入ってから事実上Wave2(OpenPTU)までしか行われていないため、本記事では主にそちらを紹介する。

Banner-ptu

段階 編集

Evocati 編集

Evocatiとは、PTU内で最も初期に行われるテストバージョン。 このフェーズには、頻繁にバグ報告やテストへの参加を行っているプレイヤーのみが招待され、さらにはNDA(秘密保持契約)への署名が必要になる。 この段階ではスクリーンショットや動画等の公開はもちろん、内容に関するコメントも禁止されている。

Wave1 PTU 編集

このフェーズになると外部への動画などによる情報公開が自由になる。 バージョン3.0からの慣例では、このバージョンに参加できるプレイヤーは、サブスクライバーとコンシェルジュに限定される。なお、コンシェルジュは$1000の課金が必要になるが、サブスクライバーには一か月$10で契約出来るので、今すぐ参加したいプレイヤーはサブスクライバーになるのが近道だ。

Wave2~4 PTU 編集

Wave1からさらに参加者を拡大したフェーズ。 こちらはWave1とは異なり、コンシェルジュやサブスクライバーが参加条件にはなっておらず、PTUのプレイ時間で招待が送られたり、完全にランダムな場合がある。 最近の慣例ではこのフェーズはスキップされ、Wave1から一気にOpen PTUになる事が多い。 

Open PTU 編集

OpenPTUは、全プレイヤーに公開されるフェーズだ。 Star Citizenを所有しているプレイヤーなら自由に参加できる。

(類似した用語) 編集

  • PU: Persistent Universe (ゲームモードの事)
  • PTU: テストバージョン
  • EVOCATI: テストバージョンの最初期段階
  • LIVE: 比較的安定した通常のバージョン

参加方法(Wave1~Open) 編集

今からWave1に参加したい場合(OpenPTUの人は 招待後の手順 までスキップしてください。)

Wave1に参加するには、コンシェルジュまたはサブスクライバーになる必要があります。 コンシェルジュは$1000の課金が必要ですが、サブスクライバーは$10で契約可能です。 ここではまずサブスクライバーを目指しましょう。

サブスクライバーになる手順 編集

  1. ここへアクセス
  2. 左の「CENTURION($10)」をクリックし、次の画面で「1 MONTH ACCESS PASS」(一か月のみのプラン、自動更新はされませんのでご安心を)を選択し、購入。
  3. 以上で、PTUへ参加可能になります。次に以下の招待後の手順をお読みください。

招待後の手順 編集

  1. 公式サイトのMY ACCOUNTページのSETTINGSへジャンプ(URL
  2. PUBLIC TEST UNIVERSEをクリック(参加可能なプレイヤーなら黄色になっています)
  3. ポップアップウィンドウが出てくるので左の「Copy account to PTU」をクリック
  4. 登録しているメールアドレスに、新しいパスワード(ランチャーのログイン時に使用)と指示内容が書かれたメールが送られてきます。(少し時間が掛かる場合あり) PTUは専用のランチャーが必要になるので、メールに書いてあるリンクをクリックしランチャーをDL&インストール。
  5. ランチャーを起動し、いつも使用しているIDと、PTU用に送られてきたパスワードを入力
  6. インストール&プレイ
PTU02

PTUに招待されている時の表示

PTU01

PTUに招待されていない時の表示

注意(重要) 編集

  • PTUのアップデートは、ランチャー起動から数秒してから通知される。 もし気づかずにアプデ前に起動すると正常にプレイが出来ないので注意。
  • 加えて、少々面倒だが、アプデされる度にUSERファイル(Cloud Imperium Games\PTU\StarCitizenPTU\LIVE\USER)を自分で消す事が強く推奨されている。 実際消し忘れによるバグが多く見受けられるのでこちらも注意しよう。


追加情報 編集

  • PTUでは、ほとんどの船(全てではない)が自由に使用出来る場合がある。 そのため船の試乗目的にプレイするのもアリだろう。
  • PTU内で稼いだUECや、購入したアイテムはライブバージョンに受け継がれない
  • ライブ版リリース時に、PTUのゲームファイルをライブバージョンのフォルダにそのままコピーするとDL及びインストールが短縮できる。

動画 編集

日本人

日本人

samurai氏による動画による解説もございます。(引用許可済み) こちらも是非ご参考にしてください。