FANDOM



概要 編集

Mustang Betaは、小型でありながら長時間のフライトに特化した前例の無い機体です。業界基準のTarsus Leaper Jump Engineは、辺境の星系への移動にも対応し、また本機に搭載された居住スペースはまるで家にいるかのような、快適な空間をプレイヤーに提供します。

機体解説 編集

Mustang の探査向けモデル。武装は変わらないが、Alphaと違い貨物が積めなくなった。機動力もごくわずかに低下している。

Betaの最大の特徴はその居住空間だろう。後部の居住空間にはトイレ、ベッド、簡易キッチンが設置されており、まるでキャンピングカーのような印象をプレイヤーに与える。

ログイン / ログアウトが可能になるベッドは有効であるものの、その他居住設備には現状何のメリットも無い。実用性は無いがロマン溢れる機体であり、宇宙生活を望むニッチなシチズンにお勧めだ。

Rework編集

2018Q4のAlpha 3.3で更新され、外観や内装、コクピットUIが大幅に変更された。遠隔砲塔がSize 2の武装を装備し火力が向上した。ミサイルがないことは変わりがないが、総合的な火力はAuroraより優れていると言える。[1]

バリエーション 編集

変更履歴編集

2018Q4 (Alpha 3.3):Rework

リンク 編集

総合ページ: Mustang Series 公式サイト: Mustang Beta

脚注 編集

  1. 旧版ページ

ギャラリー 編集

Mustang Beta Rework 01
Mustang Beta Rework Cockpit 01
Mustang Beta Rework Interior 01
Mustang Beta Rework Interior 02