Fandom


概要編集

Moleには合計24個の鉱物用ポッドが搭載されており、それぞれが12個のSCUを保持出来ます。 これらのポッドが満杯になると、ステーションへ戻るか、他の船に移し替える為に廃棄する事も可能です。 3つの独立したマイニングターレットにより、非常に高い汎用性を実現しています。 つまりMoleは「人手が多ければ仕事が楽になる」という格言を体現した船でもあるのです。 

機体解説 編集

Argo Moleは、Alpha 3.8.0で実装された採掘船だ。 既に実装されているProspectorとの最も大きな違いは、Moleがソロよりもマルチプレイを重視して設計されている点にある。 特にそれを裏付けるのが船首と両舷にある計三つのマイニングターレットである。 これらはコクピット等からも遠隔操作はできず各自プレイヤーが操作する必要がある。 

しかし、ソロでも運用が出来ないわけではない。 例えば、岩石付近までコクピットで操縦した後で、ターレット席へ移る事で採掘自体は行う事が出来る。 

また、本船は採掘特化型の船である事に注意が必要だ。 採掘以外のプレイは殆ど行う事が出来ず、貨物の輸送は勿論、戦闘等はほぼ出来ないと言って良いだろう。(旋回速度が極めて遅く、武装も非力であるため)

リンク 編集

公式サイト: Mole

公式サイト: Mole Carbon Edition (別スキン版)

公式サイト: Mole Talus Edition (別スキン版)

ギャラリー・ビデオ編集

Star Citizen ARGO M.O.L.E

Star Citizen ARGO M.O.L.E.

Mole02
Mole03
Mole04
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。