FANDOM


Star Citizen logo toumei 注意: この記事にはテストバージョン(PTU)の内容が含まれています。


ハーストン(Hurston)は、兵器メーカーのHurston Dynamics社が所有及び本拠地とする惑星である。 Hurstonは、同社による鉱業や生産作業などにより生態系に酷いダメージを負い、この地は不毛の大地へと変わってしまった。 Hurston Dynamics社はここで信頼性の高い兵器を生産しているため、船舶兵器を求めるプレイヤーにとって重要な場所と言えるだろう。 その他にも様々な企業が兵器や弾薬を生産しており、輸送業者は常に必要とされ、労働者は1年契約でこの地に輸入される。 

HurstonはAlpha 3.3.5で実装された初の惑星となった。 

大気組成編集

Hurstonはテラフォームによって一般的な生物に必要な大気成分を満たしているため、全ての場所で呼吸が可能である。 しかし、重工業により惑星全体で酷い汚染が発生しているため、ここに住む多くの人々はヘルメットや、密閉型マスクを常に着用している。  ゲーム内でプレイヤーに影響はない。

成分
窒素 78.1%
酸素 20.9%
アルゴン 0.93%
二酸化炭素 0.04%

ランディングゾーン 編集

Lorville 編集

ローヴェル(Lorville)は、ここで働く労働者の為に建設された惑星上唯一のランディングゾーン。 都市は未だに建設中となっており、軌道からも見える程巨大なHurston Dynamics社のセントラルが象徴的である。
Hurston 工業都市

前哨基地 編集

HMC Edmond編集

HMC Hadley編集

HMC Oparei編集

HMC Pinewood編集

HMC Stanhope編集

HMC Thedus編集

バイオーム 編集

荒野編集

荒野は、Hurstonで最も多く目にする事が出来る荒れ果てたバイオームである。
Hurston 荒野

採掘場編集

惑星の環境を破壊尽くした重工業は、採掘跡として今も大地に記憶されている。
Hurston 採掘場

サバンナ編集

重工業や汚染によって、かつてサバンナで豊かだった土地は今では僅かに残るのみである。
Hurston サバンナ

ゴミ編集

ステーションから船のボルトまで、様々なゴミで埋め尽くされた場所を惑星全体で見る事が出来る。
Hurston ゴミ

酸性編集

ここは重工業によって撒き散らされた揮発性のある物質が、表面に湧き出てくる土地である。 あるアーティストはこの現象を「惑星と戦っている」と表現した。
Hurston 酸性

編集

惑星の多くの場所で海を目にする事が出来るが、当然ながら酷く汚染されており、緑色に濁っている。
Hurston 海


衛星 編集

Ariel 編集

この月の名前は、ハーストンダイナミクス3代目CEO「アリエル・ハーストン」にちなんで名付けられた。

Aberdeen 編集

この月の名前は、同社初の反物質弾頭を設計した科学者「アバディーン・ハーストン」にちなんで名付けられた。

Magda 編集

この月の名前は、Stanton IをUEEから購入する決定をした。ハーストンダイナミクスのCEO「マグダ・スタントン」にちなんで名付けられた。

Ita 編集

この月の名前は、第一次Tevarin戦争で死亡した「イタ・ハーストン」にちなんで名付けられた。 彼の名前が使用されたのは、人々に「いかにHurston Dynamics社の製品が重要であるか」を思い起こさせるためである。

ギャラリー 編集