Fandom


概要 編集

Star Citizenでは、ゲーム内やオンラインストアを通じて複数の通貨が使用出来る。 中には製品版リリース時に実装が予定されているものも存在するため、現在フル機能で使用可能な通貨は一部のみとなっている。

Account-currencies

aUEC[1] 編集

現在のアルファ段階では、aUEC(Alpha United Earth Credits)と呼ばれる通貨を使用出来る。 これはあくまでもアルファテスト用に実装された暫定的な通貨であることに注意しよう。 Alpha 3.2.0以降からは、アカウントのデータベースがリセットされるたびに(新たなパッチが出るとaUECがワイプされる)所有しているUECがaUECにコピーされる。 これはあくまでもコピーされるだけであって、例えばaUECをゲーム内で使い切ったとしてもアカウントのUECが減る事はない。

aUECをゲーム内で稼ぐには、mobiGlasから選択できるコントラクトや、貿易等を実行することで入手できる。 ただし忘れないで欲しいのは、この通貨はあくまでもテスト目的の暫定的なものであり、残高が変更されたり、ワイプされる可能性があるということだ。

UEC 編集

UEC (United Earth Credits)は、武器、シールド、装備品を購入するためのゲーム内通貨だ。 ゲームが製品版になると、ゲーム内の仮想経済上にあるすべての物をUECで購入出来るようになる。

Uec-hangar

ゲームの製品版がリリースされると、これらのクレジットはStar Citizen世界で生きていく上で必要な最初の財産となるだろう。

ゲームが製品版になった時に受け取ることが出来るUECの額は、公式のアカウントの「My Hanger」へ行きパッケージの内訳を表示する「▶」をクリックする事で確認できる。

公式ウェブサイトのPledge Storeでリアルマネーを使い購入 することも可能。

Voyager Direct 編集

公式ウェブサイト上で、ゲーム内の装備などがUECで買えたVoyager Directは、Alpha 3.2.0リリース後に閉鎖された。 それに伴い以前にVoyager Directから購入したアイテム等は、UECに変換可能になった。

REC 編集

REC(Rental Equipment Credits)は、Arena Commanderで獲得可能だ。 このクレジットは、武器装備品機体等のレンタル時に使用できる。 このレンタル用クレジットは、興味がある船をテストするのに最適な方法となるだろう。 ただし、RECは、PUでは使用できない事に注意しよう。 以前、Electronic Access Storeという公式ページからレンタルが可能だったが、ゲーム内でレンタルが実装された為(といっても一部だが)閉鎖された。

<RECのQ&A>

Store Credits 編集

Store Creditは、船舶、ゲームパッケージ、商品やUECなどの購入に使用出来る通貨だ。 この通貨は、所有する船やパッケージをStore Creditに交換(溶かす/Exchange/Melt)するか、ギフト券を交換することにより獲得出来る。 パッケージなどの購入時にStore Creditが不足した場合、残りの金額を別の支払方法で補うことも可能だ。

例えば、$50のパッケージを購入する際に、Store Creditが$30しかない場合、残りの$20をリアルマネーで支払うことが出来る。

Pledge Buy Back Token 編集

四半期に一度、バッカ―にはPledge Buy-Back Tokenが一つ支給される。これを使用する事で、溶かしてしまったPledge Item(Game PackageやStandard Shipなど)を買い戻すことが出来る。 溶かしたPledge Itemは公式サイトにログインし、My Account > My Hangar > Buy Back Pledges で確認できる。

2019年の配布スケジュールは以下のとおりである。[2]

  • Q1: 1月8日
  • Q2: 4月8日
  • Q3: 7月8日
  • Q4: 10月8日

一部のパッケージは、買い戻せない場合があるので注意が必要。

  • AMD Package(過去にAMDのビデオカードを買うと手に入れることができた船)
  • 物理アイテムが付属するパッケージ(シャツやマウスパッドなど)
  • ホリデーセールなどの期間中にディスカウント販売されたスターターパッケージ

関連記事 編集

脚注 編集

  1. このページは公式サイトのCURRENCIES OF STAR CITIZEN (UEC/AUEC/REC/STORE CREDIT) を翻訳したものです。(一部簡略化しています)
  2. 2019 Buy Back Token Schedule
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。