FANDOM


21世紀以前 編集

2075年5月3日 - 量子駆動、実験成功 編集

Roberts Space Industries社は量子コアエンジン技術を発表。 この新しいエンジンにより人類は太陽系内を比較的容易に移動出来るようになった。[1]
2075 年「その日、星々は少し身近なものとなった」

22世紀 編集

2113年 - テラフォーミング特許 編集

RSI社により特許取得されたテラフォーミング技術は、惑星の大気を処理し、居住性に優れた酸素環境へと変換する。[2]
2113 年「いつ我々は彼方へ向かうのか?」

2120年 - 火星、テラフォーム 編集

数年に及ぶシミュレーションとテストの後、世界政府は知識と資源を集約した。そして、火星をテラフォームする最初の試みが始まった。[3]
2120 年「彼らに空気を」

2125年 - 火星での悲劇 編集

火星での悲劇。惑星の地形生成の最初の試みは、破滅的な失敗で終わった。火星にいる4876人の労働者は、テラフォーミングの最終段階で全員が死亡。大気中でのプロセッサ計算ミスは大気を不安定にし、酸素の維持を不可能とした。また火星の人々は呼吸装置を身に着けていなかった。[4]

2140年 - 最初のスターシップ 編集

世界で初めて宇宙船が市販される。RSI社のZeusは、消費者向けの3人乗り短距離探査船であり、大衆に宇宙探査をもたらした。[5]

2157年 - 火星のテラフォームが終了 編集

火星のテラフォームが成功する。役40年間に及ぶ試行錯誤の末、火星は正式に酸素を持続できる環境となる。基調講演者であるスティーブン・グエン上院議員の公式宣言の後、25年の火星の大悲劇に遭遇した人々のための記念碑が好評された。[6]

23世紀 編集

2214年 - 技術革新 編集

RSIエンジンの新バージョンがリリースされ、光速の1/10までの飛行が可能となる。これを受けて太陽系を探検する船が増加している。[7]

2232年 - 最初の入植者船飛行 編集

Artemisがスタートした。 これは有人宇宙飛行士が一番近い星系を目指す試みであった。これには船長、乗組員、数千人のボランティア植民者が参加した。 しかしその後船との連絡は途絶えている。[8]

2262年 - ネソ・トライアングル 編集

ある宇宙区域で、複数の船が不可解に消えてしまう。政府はバミューダトライアングルを対比とし、このネソ・トライアングルを航行禁止空域と宣言した。なぜこのようなことが起こるのか、原因については科学的な物よりも神話や憶測のほうが遥かに多く存在した。[9]

2271年 - ファーストジャンプポイントを発見 編集

役10年の研究後、ニック・クロスショーはバミューダトライアングルのような空間異常を調査し、他星系を航行する最初の人間となる。彼はナビジャンパーの大祖父である。[10]

2290年 - Nul星系が発見される 編集

人間によって記録された最も最初の星系「Nul」は、2290年ナビジャンパーのアントワーヌ・レベックによって発見される。 レベックは、その星系で面白い物は見つけられなかったと答えた。また現代の俗説によると、星系の名前の由来は勘違いから来ていると主張されている。Nul V (Ashana)はUEES Olympusの墜落場所として有名だ。[11]

24世紀 編集

2380年 - UNEの誕生 編集

Croshaw星系のテラフォーム化が進む。新しいジャンプポイントの捜索は、人類の星々への進出を意味していた。 地球の社会的、政治的な隔たりは棚上げされ、星々への進出という願望から団結し合い、国連(UNE)が誕生した。[12]

25世紀 編集

2438年 - ファーストコンタクト 編集

それは多くの人々が夢見て来たものほど映画的でもロマンチックでもなかった。探検家はDevienのBanuと遭遇する。 彼らは私たちと同じように驚いていた。 Benuたちも宇宙に広がり始めており、ニール・ソロコビッチ将軍と代表者は、最初の銀河間の平和と貿易条約を交渉した。[13]

2460年 - 地球を離れる民衆 編集

進出とテラフォーミングによって、人類の土地と領土は広がり膨大な量となっていた。地球は過密化しているため、多くの人々がリスクを承知で宇宙へ離れていった。[14]

26世紀 編集

2516年 - 開拓地Terra 編集

スーパーアースである惑星342A.03Mは、複数のジャンプポイントを持つNexus星系で発見され、この場所をテラフォーミングや開拓における前線基地とする事が検討されていた。Terraの首都はプライムと呼ばれた。[15]

2523年 - UPEの設立 編集

人類の70%は地球外に住むようになる。彼らは自分自身がUNE審議における代表者に値すると感じていた。政府はユナイテッド・プラネット・オブ・アース(UPE)へ形を変え、新しい政府は裁判所によって運営されていた。内部の担当者: ハイ・セレクタリー(インフラ維持の担当)、ハイ・ゼネラル(開拓と防衛の責任者)、ハイ・アドボケイト(法維持の責任者)[16]

2530年 - Xi'An Empireとの接触 編集

Xi'An Empireの発見。我々は、彼らの存在を知らぬ間にテラフォーミングを開始し、彼らの領土を侵してしまっていたのだった。 ハイ・ゼネラル ボルダーは非常に侵略的であると批判を受けると同時に、双方からの武力での圧力と脅威が起った。 一種の冷戦がはじまり、偶発的に死傷者が出ますが、完全な戦争ではなかった。[17]

2533年 - Idris星系が発見される 編集

今では、この名は論争を巻き起こしているGalacticシリーズ最終回の記憶をかき立てるが、Idris星系はサタボールよりも長く騒がしい歴史を持っている。 この星系は、26世紀の人類の急速な拡大の中で、探査船Ika'Roaにより発見された。 2533年、推奨成長センターとしてUPE公認登録簿に登録されたIdris Ⅳは、人口増加に恵まれたUPEの明るいスポットの一つになるに間違いなかった。 しかし最初のテヴァリン戦争が起きた時、この惑星の役割は大きく変化した。[18]

2541年 - Tevarinとの接触 編集

風下の星系で、人類は複数の星系を支配するTevarinと呼ばれる種族を発見する。 UPEは2541年に初の接触を行った。 彼らのテクノロジーは我々ほど進んでおらず、彼らは宇宙に進出し始めたばかりであった。 彼らは武道の社会に誇りを持ち、私たちが持っていた技術を欲しがった。 そして最初のテヴァリン戦争が始まる。 イーヴァル・メッサー大佐は優秀で無慈悲な戦略家であり、Idris Ⅳの戦いで有名になった。 彼はすぐに軍隊の誇り、そして戦争の象徴へとなった。[19]

2542年 - Idris Ⅳの戦い 編集

TevarinはIdris星系へ侵入、Idris Ⅳを攻撃する。[20]

2544年 - ネメシス作戦 編集

ネメシス作戦はIdris Ⅳの表面にあるテヴァリン造船所を占領し、Idrisへの足掛かりとなる前線の運営拠点を得るために行われた。 しかしテヴァリンはIdris Ⅳ軌道上にある艦隊に対して壊滅的な打撃を与える。 その後、若い野心的な士官である「イーヴァル・メッサー大佐」が人類の歴史を大きく変化させる道を歩み始めた。[21]

2546年 - メッサ―司令官 編集

司令官に昇格したイーヴァル・メッサーは、捕獲されたテヴァリンの指導者をUPE議場へ連行する。彼はハイ・ゼネラルになるため、勝利による人気を利用した。
裁判所は時代遅れのシステムであり、Xi'An Empireに対する恐怖を深めると主張し、メッサーはプライムシチズンという名の新しい独立した官庁の創設を提案する。 最初の(そして最後の)プライムシチズンの選挙では、新しいユナイテッドエンパイア (UEE)に政府を再編し、彼自身が皇帝となり、繁栄と植民の時代を告げるのはそう遠くはなかった。[22]

2550年 - ゴールドホライズン社設立 編集

ゴールド・ホライズンは、新政府による小惑星鉱業に関する概念の一連の減税を活用しようと、26世紀半ばに探鉱専門会社として設立された。 同社は、Terra星系の沖合に高濃度チタンを含む小惑星、Grakneth lodeを発見しすぐに成功を収める。 ゴールド・ホライズンの鉱業利益によって、新たに調査された星系に素早く対応できる組み立て式鉱業所が製造され、産業界の大手として確立された。 その頃、企業による調査と、実際に大規模鉱業が開始される間の長いリードタイムを利用した恒星間クレームジャンパーズが広まりました。[23]

2571年 - UEES Olympusの墜落 編集

2571年、戦闘空母UEES Olympusは、海賊と反逆者の集団を彼らの隠れ家がある未開発地Nul星系へと追い詰めた。 UEE艦隊は敵より遥かに数で優っていたが、艦隊司令官の殲滅を望む個人的な感情が悲劇を招いた。 彼の命令により、Olympusは星系の第5惑星Ashanaに近すぎる場所を通過する事になり、その結果UEES Olympusは惑星の重力に巻き込まれ、数人の生存者を除いてクルーのほとんどが死亡したのである。[24]

2579年 - 第36戦闘飛行隊の設立 編集

第36戦闘飛行隊は2579年1月1日に正式にオンラインとなり、同時に戦闘機Gladiusの初生産が開始された。 Vanduulの攻撃が増え、第36隊によるその領域への任務が定期的に繰り返されていた。 大まかな評判によると、第36隊は重戦闘機F8A Lightningへ移行する最初のエリート部隊の一つになる可能性を示唆していた。 現在、第36隊の編隊はUEES Sebekに所属している。[25]

2582年 - Nyxの発見 編集

Nyxは、United Empireによる地球領土拡大の真っ最中である2582年に発見された。 F型主系列星を公転する3つの地味な惑星から星系は成り立っている。 この星系はソロのナビジャンパー、カーラ・ラリーによってStanton星系を介し初めて星図が作られた。 カーラは、この星系には費用を掛けてテラフォーミングをするほどの鉱物や、合理的な理由は無く、利益もあまり多くないと正式に主張した。[26]

27世紀 編集

2603 ~ 2610年 - 第二次テヴァリン戦争 編集

新たなテヴァリンの軍閥「Corath’Thal」は、再編成されたテヴァリン戦闘艦隊をUPE星系に送り込み最初の攻撃を開始した。 元々テヴァリンの故郷であったElysium IVを取り戻す事が彼らの唯一のミッションであり、これにより第二次テヴァリン戦争が始まったのであった。 彼らは以前の敗戦後、宇宙の隅に隠れ、故郷Kaleeth(UEE支配後はElysium IVと改名)を取り戻すために軍隊の再編成に50年を費やしていた。
しかし、開戦後UEEは頑なに抵抗し続け、テヴァリンの勝利は絶望的となる。 それでも彼らはそれを知りながら、Elysium IVへ絶望的な侵攻を開始する。 故郷を取り戻す事が出来なければ、テヴァリンはそこで死滅するだろう。

2610年 - Corath’Thalの敗北 編集

西暦2610年8月2日、Corath’ThalはCentauriの悪名高い戦いにおいて、Squadron 42により壊滅的な敗亡をする。 テヴァリン艦隊は崩壊しいくつかの艦船が降伏を行った後、Corath’Thalは僅かな忠実なパイロットを召集してElysium IVへの必死の突撃を始めた。その後7割の死傷者を出しながらも、彼らの艦隊はついに故郷の大気に達したのだった。
今日テヴァリンは完全には絶滅していない。 しかし残っている者は極わずかであり、彼らは人間社会に組み込まれている。[27]

2638年 - キエレンの抗議 編集

Terra星系のアッサン・キエレン上院議員はUEEの軍事的研究課題と軍事産業団体に対して無条件の支援を発表した。 そして彼は、Terraと隣接する星系に対する主権投票を求めた。 第11代メッサー将軍はキエレンの信用を落とすためにUEEのプロパガンダを奮った。そしてすぐ後に誰かが消えた。 キエレンが殺されたという噂もあるが、今となってはもう何も証明できない。[28]

2681年 - ヴァンドゥールの初襲撃 編集

西部の遊牧民である風下の種族ヴァンドゥールは、Tevarin星系で新しい居住区を襲撃し消えた。 彼らが一見家庭を持たないように見えるのは、彼らの一族は常に移動しているためである。 またそれを見つけることは困難を極める。[29]

2687年 - Aeroview Hangars社の創設 編集

アーサー・ナッシアーは、設計品質、人間工学、顧客の秘密保持に対する尊重に大きく焦点を当てた厳格なビジネス倫理規範に基づき会社を設立した。 Aeroviewは、非市民に対しサービスを断固拒否する事で有名である。 ハンガーのデザインと住宅は著作権侵害に接してはいるが、法外な人たちへの率直な批判は同社の規定に繋がった。[30]

28世紀 編集

2716 ~ 2788年 - 星系の裂け目 編集

軍事政権は停滞期へ入る。 民衆の一部は服従しているものの、文化には破滅への流れがあった。 人々は星系の亀裂を見始める。 活動家団体は、政治 / プロパガンダに対し攻撃を開始し、 軍隊は、Xi’Anとの戦争、ヴァンドゥールの撃退、星系の治安維持などの対応に追われる。 そして将軍の力は弱まっていった。

29世紀 編集

30世紀 編集

2947年 - 今日 編集


(※本ページは作成中です。長文英語を訳すのは大変な苦労を要するものです。もし、編集に協力したい方は勝手に編集してもらってももちろん構いません、またコメント欄等でのアドバイス大歓迎です。)

出典 編集

  1. 2075年5月3日 - 技術革新 (公式サイト)
  2. 2113年 - テラフォーミング特許 (公式サイト)
  3. 2120年 - 火星、テラフォーム (公式サイト)
  4. 2125年 - 火星での悲劇 (公式サイト)
  5. 2140年 - 最初のスターシップ (公式サイト)
  6. 2157年 - 火星のテラフォームが終了 (公式サイト)
  7. 2214年 - 技術革新 (公式サイト)
  8. 2232年 - 最初の入植者船飛行 (公式サイト)
  9. 2262年 - ネソ・トライアングル (公式サイト)
  10. 2271年 - ファーストジャンプポイントを発見 (公式サイト)
  11. 2290年 - Nul星系が発見される (公式サイト)
  12. 2380年 - UNEの誕生 (公式サイト)
  13. 2438年 - ファーストコンタクト (公式サイト)
  14. 2460年 - 地球を離れる民衆 (公式サイト)
  15. 2516年 - 開拓地Terra (公式サイト)
  16. 2523年 - UPEの設立 (公式サイト)
  17. 2530年 - Xi'An Empireとの接触 (公式サイト)
  18. 2533年 - Idris星系が発見される (公式サイト)
  19. 2541年 - Tevarinとの接触 (公式サイト)
  20. 2542年 - Idris Ⅳの戦い (公式サイト)
  21. 2544年 - ネメシス作戦 (公式サイト)
  22. 2546年 - メッサ―司令官 (公式サイト)
  23. 2550年 - ゴールドホライズン社設立 (公式サイト)
  24. 2571年 - UEES Olympusの墜落 (公式サイト)
  25. 2579年 - 第36戦闘飛行隊の設立 (公式サイト)
  26. 2582年 - Nyxの発見 (公式サイト)
  27. 2610年 - Corath’Thalの敗北 (公式サイト)
  28. 2638年 - キエレンの抗議 (公式サイト)
  29. 2681年 - ヴァンドゥールの初襲撃 (公式サイト)
  30. 2687年 - Aeroview Hangars社の創設 (公式サイト)