Star Citizen JP Wiki
Advertisement

Alpha 3.9.0で新たなプレイヤーステータスシステムが実装され、プレイヤーは環境に適した装備を整えたり、飲食を行う事が必要になった。

概要

プレイヤーは、現実世界と同じく健康状態に注意を払う必要があり、これを怠ると最悪死に繋がってしまう。 健康状態は「F」+「右クリック」Personal Inner Thought Action Wheel(PITホイール)画面を表示する事によって確認できる。

ステータスは「F」+ 「右クリック」で確認する事が出来る。

ステータスの簡単な説明

  • 水分 - 水等を摂取し回復出来る。
  • 空腹 - 食事をする事で回復出来る。
  • 心拍数 - ダッシュする。Gが掛かる等で上昇し、上りすぎると失神する。
  • 気温 - 極端な温度により、スーツの性能限界を超えるとプレイヤーの"体温"へ影響し始める。
  • 体温 - 下がりすぎたり、上りすぎると死亡してしまう。
  • 酸素残量Oxypenを使用するか、呼吸可能な空間に居る事で回復可能。
  • 体力 - 負傷すると減り、重傷であればその後持続的に減少して行く。 MedPenを使用するか、特定の船にある治療設備を使用する事で回復可能。


体力

プレイヤーの健康状態10.png

プレイヤーには頭・胴体・手足等に個別の体力が設定されている。 例えば足を負傷すれば歩行速度が著しく低下し、頭を負傷すれば視界が霞むようになる。 

負傷箇所のステータス

  • 軽傷(黄色) -  強く物にぶつかる。 高所から落ちる等で軽傷を負うことがある。 特に手足がこの状態になると移動速度が少し低下したり、手ブレが発生して武器の照準が狂う等が起きる。
  • 重傷(赤色) - プレイヤーは激しい痛みを伴うため、歩行がやっとの状態になったり、視界がボヤける等が起きる。 また、この状態に入ると持続的にダメージが入り続け、治療しないと最終的に死亡する。
  • 致命傷(損失) - これは手足が吹き飛んだも同然の状態を意味する。(実際には手足が欠損する事は無い) ほぼ死亡寸前。 早急な治療が必要。


治療方法

現在のバージョンでは負傷時に可能な治療は下記の二つ

MedPenの注入

MedPenは様々なステーションや、ランディングゾーンで販売されている汎用医療品だ。 デフォルトでは一つだけ装備されているので負傷をしたら「C」を押して治療しよう。 なお、現在のバージョンではどれだけ重傷であっても一回の注入で全快する。 また、低価格であるので買い溜めしておくのが良いだろう。
プレイヤーの健康状態11.jpg


船のMedbed

Cutlass Redや、Carrackといった船にはMedbedという専門の医療設備が設置されている。 Medbedは、スポーンの設定に加え、プレイヤーの治療も可能であるため負傷時には役に立つだろう。 また将来的にはこのようなMedbedでないと重傷は治療出来ないといった複雑なメディカルシステムが実装予定だ。

Cutlass RedのMedbed


食事・水分補給

プレイヤーの健康状態02.png

プレイヤーの空腹、水分ステータスゲージは〇時間に〇%程度(調査中)の頻度で低下し、また高温の環境にいると脱水症状で水分ゲージが低下していく為、必要に応じて飲食をする必要がある。 

食べ物や飲み物はランディングゾーン、ステーション等様々な売店で購入する事が可能だ。 価格は3~10UEC程度と非常に安く、また一部の飲食物はインベントリを持つスーツ内に保管する事も可能なため買い溜めしておくことも出来る。 なお、腐る事は無い。

一例

ドリンクを飲むプレイヤー。 ちなみにドリンクには専用の内容量ゲージがある

  1. 売店へ行き飲食物を購入する。(商品は「F」を押しながら「左クリック」して直接購入できる)
  2. 次に飲食物を手にもった状態で「左クリック」又は「F」からの"EAT"で飲食を行う。 なおヘルメットを装備していると当然ながら食事等は出来ない為mobiGlas内のアプリから外す必要がある。(一応メニューからショートカットキーを設定する事も出来る)


保管&取り出し方法

まずインベントリを持つアーマーを装備した状態でドリンクを購入しよう。 その後、手に持った状態で「F」キー使用して、STOWを押すとインベントリの中に保管する事が出来る。 (STOWが表示されない場合は、そもそもアーマーにインベントリ容量が無い。 飲食物を開封してしまった等の原因が考えられる)

PITホイール画面

逆にインベントリから取り出すには「F」+「右クリック」でPITホイール画面を表示してから、上にあるPERSONAL INVENTORYを選択すると保管された飲食物が一覧されるので、好きな物にマウスを合わせて「右クリック」する事で手に持つ、飲食する等様々なアクションを選択出来る。



気温・体温

居住可能惑星MicroTech (惑星)は、New Babbage付近でも-70~-80度という非常に過酷な環境下にある

極寒の環境に晒されるとこのように服が雪で白く染まる。また、キャラクターが手をかざす動作をする場合は嵐、吹雪、砂嵐などの強烈な悪天候に遭遇していると判断して良い

高温環境による死亡前のプレイヤーの視界。視界はボヤけ、聴力も失われ、酷い脱水状態にある

生命の存在しない不毛な星は勿論、生存可能であっても過酷な環境下の惑星が数多く存在する。 プレイヤーは当然環境に合わせた適切な装備を整える必要があり、これを怠ると体温の急激な変化を招き死に至る。


体温低下で生じる身体異常

  • 1段階 - 手の震え
  • 2段階 - 視界の悪化(持続的に悪化していく)
  • 3段階 - 歩行速度の減少
  • 4段階 - 死亡


体温上昇で生じる身体異常

  • 1段階(37.5度以上) - 息切れ
  • 2段階(39.5度以上) - 視界の異常(オーロラのような物が見え始め、持続的に悪化)
  • 3段階(41度以上) - 聴覚の異常(鼓動音以外全く聞こえなくなる)
  • 4段階(42度以上) - キャラクターが苦しみ始め、酷い脱水状態になる。
  • 5段階(44度以上) - 死亡


右図は気温が装備の性能限界を超えた場合に表示される。"SURVIVAL ESTIMATE"が0になると死亡する


環境に合わせた装備の購入

極限の環境下で身体を保護するには適切な装備を購入する必要がある。 実は宇宙服を着用すれば安全という事は無く、私服も宇宙服もそれぞれ環境に耐えられる物が必要だ。(宇宙には地上と同義の温度はそもそも存在しないため、地上の環境を考慮して設計されていない場合は極端な天候下に耐えられない)
装備のステータスはアーマーショップのコンソール画面や、下記の画像のようにmobiGlasの装備設定画面で確認できる。

Port Tresslerで販売されているNovikov Armorは様々な環境下に耐えることが出来る非常に優秀なスーツ